社員証はとても大切なもの

社員証はその会社に所属しているという証です。そのため、仕事中は携帯していないといけません。最近は、オフィスに入るためにそれを承認にするシステムを導入している会社もあります。そういった会社では忘れてくると入れず、ほかの人に開けてもらわないといけなくなります。とはいっても、それは忘れなけなければいいわけです。しかし、外に出ると、それが証明書になるということです。訪問などをするときは、必ず携帯して求められたら提示しなければなりません。ある意味、自分の身分を明かすためのものということになります。最近では、会社名や名前だけでなく写真やIDも盛り込まれています。IDを承認してその人の立場などがわかることもあります。そのため、それを無くすと再発行など大変なことになります。それぐらい、大切なものになっています。

社員証に代わる身分証明技術が望まれます

いまはどこのオフィスでも入室におけるセキュリティーには、IDカード兼用の社員証をかざしている場合がほとんではないかと思います。導入された当初には面倒さを感じたこともありましたが、現在においても慣れたものとなってきました。しかしながらその反面では、失くしてはならない非常に重要なものを常に所持していなければならなくなっており、重い十字架を背負わされている気分になるときもあります。万が一紛失してしまった場合には、重大なインスデント扱いとなり、客先のIDカードを紛失してしまったりした場合には、信用問題に発展し取引に影響が及ぶ可能性が十分に考えられます。そんなリスクを背負うことがなくなるような、個人の認証システムの精度が向上され、より一般的なものへと普及していくことが望まれます。日本の技術力ならそう遠くない将来に実現されているべきだと思います。

社員証はICカードで出退勤の管理

会社に出勤するときにはタイムカードを打刻します。退出するときにもタイムカードを打刻します。しかし、ちょっと外出するぶんにはいちいち打刻をすることはないと思います。ですから、日中に関してはどのように社内に在籍しているかはわからないようになっています。人によっては、病院などに私用で行っている人がいるかもしれません。買い物に行っている人がいるかもしれません。本来であれば、その部分は控除しなければいけないでしょう。社員証において、ICカードタイプのものを使うことがあります。これによって、出退勤の管理をすることができます。入り口を出るときには、常にかざすようにします。ですから、社内にいる純粋な時間がわかります。昼休みにおいて出て行く時も入ってくる時もわかりますから、1時間以上休憩している人などを管理が可能になります。

free blog themes